葉酸のサプリメントに含まれる有効成分

葉酸はほうれん草から発見されたビタミンB郡の中の一種です。補酵素の役割を果たし、細胞の生産や再生を助け、身体の発育を促進してくれます。

つまり細胞が新しく作り出される時に必須となる栄養素なのです。

また、ビタミンB12とともに造血のビタミンと呼ばれていて、赤血球の生産を助ける働きもあります。赤血球は約4ヶ月で死滅してしまいますが、新しい赤血球を作る際に葉酸が不足していると正常な赤血球を作ることが出来なくなってしまうのです。
葉酸は奇形胎児の発生予防のために、妊娠すると産婦人科の先生から摂取を勧められますし、母子健康手帳にもその必要性が載っているほどです。なぜなら、たんぱく質の細胞を生成するのに必要な核酸(DNA・RNA)を作るために必要だからです。胎児は爆発的に細胞分裂を繰り返しながら成長しているので、しっかり細胞が作られることは健康な成長のために重要なことのです。胎児の脳や神経が作られるのは妊娠初期の3ヶ月までなので、妊娠初期に葉酸をしっかり摂取することで胎児の神経管欠損という先天異常のリスクが軽減されるといわれています。
妊娠期特に必要になる葉酸を食品から取ろうと思ったら、ほうれん草やブロッコリー、かぼちゃなどがあります。しかし、水溶性のビタミンなので調理中の水分や熱でほとんどが壊れてしまい必要量を摂取するためにはかなりの量を食べなければいけません。また葉酸には二種類があり、野菜などから取れるものを「ポリグルタミン酸型」といい、サプリメントから取れるものを「モノグルタミン酸型」といいます。モノグルタミン酸型は胎児の先天異常に効果があると確認されていますが、ポリグルタミン酸型はまだ確認がされていません。妊娠期はお母さんの血流が増え赤血球不足になりやすいため、食品からとれる葉酸ももちろん大事なのですが、胎児の健康な成長を考えた場合、食品にプラスして葉酸のサプリメントを摂取することが推奨されます。

ブレインフードは、メディアやテレビでも目にすることが多くなりました。 ブレインフードという名の通り、脳にいい影響がある栄養源を含んだ食べ物...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葉酸と軽度認知障害

NO IMAGE

葉酸の体内への効果

NO IMAGE

葉酸の副作用