葉酸の体内への効果

葉酸はビタミンB群に分類される栄養素で、ほうれん草から発見された水溶性ビタミンです。

葉酸の主な働きと効果

主な働きとして、赤血球の形成やエネルギー、DNA合成などが挙げられます。

葉酸はビタミンB12と共に血液を作っています。そのため貧血の予防に効果があると言われています。

葉酸やビタミンB12が不足して起こる貧血は悪性貧血と呼ばれ、一般的に知られている鉄分が不足する貧血とは違います。

悪性貧血は巨赤芽球性貧血とも呼ばれ、赤血球が巨大になることで正常に機能しなくなる貧血です。

新しい赤血球が作られるときに不足すると、正常な赤血球ができずに悪性貧血を起こしてしまいます。

葉酸はDNAやRNAの合成にも密接に関わっています。

傷ついたり弱ったりした細胞の生まれ変わりに役立っているため、健康な体を維持するのに一役買っているのです。

遺伝子配列にも影響があるので、ガンや不妊の原因の一つにも葉酸不足が挙げられます。

不足すると真っ先に起こる症状が下痢や口内炎です。

これは腸管粘膜や口内、舌が、細胞の生まれ変わりが激しい場所だからです。

DNAの合成という働きが最も注目されるのが妊娠中です。

そのため、妊娠前や妊娠中は特に補給が必要であると言われており、最近では厚生労働省も摂取を推奨しています。

動脈硬化を予防することも分かっています。

最近の研究によると、葉酸が不足すると悪玉アミノ酸であるホモシステインという物質が増加することが分かってきました。

この物質が増加すると、血管の壁にぶつかって傷がつき、動脈硬化が誘発されてしまうのです。

葉酸はビタミンB6、B12といった栄養素と協力し、ホモシステインを分解、排出してくれます。

動脈硬化を予防することは脳や心臓といった全身の病気を予防することにもつながります。

葉酸は水溶性ビタミンであるため、水に溶けて尿と一緒に排出されやすいと言う弱点も持っています。

そのため、毎日しっかりと摂取することが大切です。最近では手軽に摂ることができるサプリメントの利用が勧められています。

ブレインフードが話題になっていますが、 今健康な脳を作るための食事である食品です。 どんなものであり、 どんな効果が期待できるのでしょ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

葉酸のサプリメントに含まれる有効成分

NO IMAGE

葉酸の副作用

NO IMAGE

葉酸と軽度認知障害