DHA・EPAの副作用

DHA・EPAは健康に良い成分として注目を集めているのですが、副作用などが心配だという人もいるかもしれません。

そこでこれらの成分を過剰摂取することにより、どのようなリスクがあるのかについて知っておくと良いでしょう。

DHA・EPAはもともと副作用のリスクが低い成分として知られており、適切な摂取量を守っていれば特に問題はありません。

しかし、短期間に過剰に摂取してしまうと吐き気や下痢などといった副作用が出てしまうこともあります。

また、薬を服用しているという場合、血圧が下がり過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。

DHA・EPAの摂取量は1日1gと定められており、合わせて1日3g以上摂取すると副作用が出てしまうことがあります。

1日1g以上を摂取しても健康への効果が高くなるわけではありませんし、一度にたくさん摂取するのではなく、適量を毎日続けて摂取することを心がけましょう。

DHA・EPAは魚の大きい切り身一切れ程度で1gを摂取することができます。

また、魚が苦手な場合や毎日摂取するのが難しいという場合、サプリメントを利用してDHA・EPAを摂取するという方法もあります。

その場合も商品の摂取量をきちんと守ることが大切であり、サプリメントを飲みながら魚も食べているという場合は過剰摂取に注意しましょう。

DHA・EPAには血流を良くする効果や血圧を下げる効果があります。

そのため血液凝固阻止剤や血圧を下げる薬を服用している場合は注意が必要であり、気になる場合はドクターに相談してからDHA・EPAの配合されたサプリメントなどを摂取すると良いでしょう。

また、DHA・EPAとは関係ないのですが、魚には水銀や鉛などの問題もあり、妊娠中など気になる場合は魚の摂取を控えた方が良いかもしれません。

もちろん普段の生活ではほとんど気にすることはないかもしれませんが、サプリメントなら安全に健康に良い成分を摂取できるというメリットがあるのです。

ブレインフードが話題になっていますが、 今健康な脳を作るための食事である食品です。 どんなものであり、 どんな効果が期待できるのでしょ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

DHA・EPAのサプリメントに含まれる有効成分とは

NO IMAGE

DHA・EPAと軽度認知障害

NO IMAGE

DHA・EPAと違い

NO IMAGE

DHA・EPAの体内への効果