DHA・EPAと違い

DHAやEPAはともに不飽和脂肪酸と呼ばれるものですが、それぞれに働きとして違いがあります。

どちらも健康に良いものなのですが、ふたつを併用すると相乗効果によって更に健康効果が高まるとされています。

大きな違いとしては、DHAは脳を活性化するという効果がありEPAは血液や血管の状態を良くしてくれるという効果があります。

DHAは脳に到達することができる栄養素のひとつであり、大脳皮質や海馬などに多く存在しています。

脳というのは脳に悪影響を及ぼす物をブロックする血液脳関門という機能があるのですが、DHAは脂肪酸の中でその関門を通り抜けることができるものとなっているのです。

それだけ脳にとって重要な物質であり、脳の活性化に役立つものとなっているため頭に良いとされています。

それ以外にもDHAを摂取することによって、赤血球や細胞壁が柔軟になるといった効果もあります。

目にも良い影響を与えるとされていて、網膜に作用するために視力を良くする効果を期待することができます。

対するEPAは血液脳関門を通り抜けることができませんから、脳への効果に関しては期待することができません。

しかし、脳への働きが弱くても血液をさらさらにする効果に関しては優れてて、血栓の予防や動脈硬化などに役立ちます。

そのため、心筋梗塞や脳梗塞を防ぐこともできるので間接的には脳にも良い影響を与えると言ってよいでしょう。

青魚を食べると血液がさらさらになるといわれるのは、DHAの働きではなくてこのEPAの働きによるものとなっているのです。

このふたつというのは期待される効果が違うものとなっていて、特に大きなポイントとしては脳に作用するかどうかということになります。

そのため、脳に対する効果を期待してEPAを摂取しても思い通りの効果が期待できないので注意をしましょう。

しかし、このふたつは同時に摂取することが多いのであまりどちらか一方しか効果がないなど気にしすぎる必要もありません。

ブレインフードが話題になっていますが、 今健康な脳を作るための食事である食品です。 どんなものであり、 どんな効果が期待できるのでしょ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

DHA・EPAと軽度認知障害

NO IMAGE

DHA・EPAのサプリメントに含まれる有効成分とは

NO IMAGE

DHA・EPAの体内への効果

NO IMAGE

DHA・EPAの副作用