DHA・EPAの体内への効果

DHAは一般的によくいわれるものとして、頭に良いという効果があります。

脳の活性化に良いとよく言われるので、DHAを多く含む魚を食べると頭が良くなるということになるのです。

DHAは血液脳関門と呼ばれる場所を唯一通過することができる脂肪酸となっていて、脳の神経細胞の膜の中にも存在しています。

そのため、DHAを摂取することによって脳神経が活発化されることになりアルツハイマーの予防や脳の老化を抑えるにも役立つものとなっています。

対するEPAに関しては血液脳関門を通り抜けることができないので、脳の活性化に関してはあまり期待することができません。

血液がさらさらになるというのも、よく聞かれる効果のひとつでありこれはEPAがより効果の高いものとなってます。

EPAは血液をさらさらにする成分が含まれていて、血管を丈夫にしてくれる働きがあるため血栓などが起こりにくくなったり動脈硬化を防いでくれます。

心筋梗塞などの心疾患に大きな効果があり、心臓に近い血管である冠状動脈によく働いてくれるものとなります。

花粉やアトピーなどを改善してくれるという働きもあり、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状で悩んでいる人はEPAをしっかり摂取することによって症状が緩和されることがあります。

DHAの場合、これらの効果はどのようになっているのかというとEPAほどではありませんが、ある程度の効果があるとされているので摂取をして意味が無いということはなく、ある程度の効き目は期待することができるものとなっています。

DHAというのは脳に作用するものであり、EPAは血管などに働くものとなっていますがふたつを併用することによってよりその効果が高くなるとされているため、両方をバランスよく摂取するということが重要な事になります。

このふたつの栄養素は健康のためには欠かすことができないものとなっているので、よく考えて不足しないようにしましょう。

ブレインフードが話題になっていますが、 今健康な脳を作るための食事である食品です。 どんなものであり、 どんな効果が期待できるのでしょ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

DHA・EPAのサプリメントに含まれる有効成分とは

NO IMAGE

DHA・EPAと軽度認知障害

NO IMAGE

DHA・EPAの副作用

NO IMAGE

DHA・EPAと違い