イチョウ葉エキスの体内への効果

イチョウ葉エキスは、体内に対して抗酸化作用などをもたらす効果があります。
人体の体内というのは、ストレスや加齢により酸化する一方です。
イチョウというのは、強い抗酸化作用を持っている上に悪玉コレステロールの上昇を抑制してくれます。
こうした点から、イチョウ葉エキスは細胞壁や血管壁が酸化してしまうのを予防してくれる効果があるのです。
次に、イチョウ葉エキスには血液の流れを良好にするための働きもあります。
赤血球を柔軟な状態にするので、互いにくっつきやすくなる上に血管壁に沈着してしまうという事案を抑制してくれるのです。
このような効果があるのは、血小板を凝集させてしまう物質の分泌を防ぐ働きがあるためです。
しかも、血小板を凝集させる成分というのは血液の中に存在している水分を体外に排出してしまう作用もあります。
その結果、血液の濃度が濃くなってしまったり粘度が強くなってしまいます。
こういった一連の流れを抑える効果がイチョウ葉エキスにはあります。
そして、血管を拡張させる作用もあります。
血管を縮小させたりする動きにはイチョウ葉エキスが関与していると考えられているのです。
つまり、物理的にエキスを体内に投与することにより動脈や気管支が縮小してしまうことを防ぐことができるため、重大な病気を予防できます。
さらに、イチョウ葉エキスには抗炎症作用も持ち合わせています。
何らかの炎症が生じた場合、炎症の過程で血小板活性化因子が生み出され血液の流れを悪化させてしまいます。
イチョウ葉エキスは、血小板活性化因子の動きを押さえつけることができるため、気管支炎やアレルギー症状、痙攣などの動きを引き起こさせないようにできます。
加えて、神経伝達物質を活性化させることもできます。
イチョウ葉エキスが脳の機能を高めることができるため、神経細胞同士に生じる神経伝達物質の動きを正常に整えることができるのです。
憂鬱な気分を改善させるといった効果が期待できます。

ブレインフードが話題になっていますが、 今健康な脳を作るための食事である食品です。 どんなものであり、 どんな効果が期待できるのでしょ...

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

イチョウ葉エキスと軽度認知障害

NO IMAGE

イチョウ葉エキスの副作用